【葛飾区 社交ダンス】お尻はふたつ?

query_builder 2021/12/06
ダンス関連

こんばんは。


本日の葛飾区金町はかなり寒いです🥶換気をするためにフリーダンスタイムの休憩中に窓を開けましたが、汗をかいた体には酷な寒さです。


さて、今日は踊る上でとても大切な「お尻」について語りたいと思います。


みなさん「お尻」はいくつありますか?


左右に割れてるから2つ…


な訳はありません(笑)


当然お尻は1つしかありません。


骨盤という骨はいろいろな骨が集まってできたものですが、関節があってもほとんど動くことはないので、実質一つです。


ラテン踊る上でのヒップアクション、ボールルームを踊る上でのスイングなど踊る上で「お尻」のことを考えない日はありません。


一つだからそれらの動きをするときにお尻をぶんぶん動かせばいいんでしょ⁉と考えがちですが、ちょっと待ってください。


お尻を振っちゃうとまっすぐ歩けないですよね。


左右にぶれちゃいます。


でも、踊ってるとき上手な人はお尻がぷりぷり動いてます。


どういうことなのさ!


と疑問に思う方もいるでしょう。


お尻につながっている骨は「背骨」と「脚の骨」です。


お尻に二つある関節と言えば?


そう、股関節です。


つまり、脚の骨が2本あって、1つのお尻を支えています。


■■■

| |


↑こんな構造ですね


2本の棒で1個の塊を支えている感じです。


この2本の棒を動かすと上に乗っかっている1個の塊は動きますよね。

どちらか一方の棒を動かすと上の物体は位置が自然にずれます。


それがヒップアクションとなっているわけです。


というわけで、足を使うと股関節でつながっている骨盤=お尻が動くというわけです。


文字で説明するのはなかなか難しいですが…


みなさんヒップアクションを考える際に脚をちゃんと考えてくださいね!


より詳しく聞きたい方はフェリーチェ迄お越しくださいね。

記事検索

NEW

  • 【葛飾区 社交ダンス】最初に覚えたいこと

    query_builder 2022/01/27
  • 【葛飾区 社交ダンス】2月のクラスレッスンのお知らせ

    query_builder 2022/01/25
  • 【葛飾区 社交ダンス】手を繋いでますか?

    query_builder 2022/01/22
  • 【葛飾区 社交ダンス】毎年恒例の…

    query_builder 2022/01/21
  • 【葛飾区 社交ダンス】モダン祭終了しました!

    query_builder 2022/01/18

CATEGORY

ARCHIVE