【葛飾区 社交ダンス】国立西洋美術館

query_builder 2022/08/05
ブログ
20220804_122723

こんにちは、あつこです。

昨日、上野の国立西洋美術館に「自然と人のダイアローグ」を見に行ってきました。


モネ、ルノワール、ゴッホ、リヒター、ムンクなど素晴らしい作品を見てきました。


なかでも、ゴッホの「刈り入れ」や、ホドラーの「モンタナ湖から眺めたヴァイスホルン」や、ムンクの版画などが私は気に入りました。


西洋美術館の建築をしたことでも有名な建築家、ル・コルビュジェの言葉に感動したのでご紹介しますね。


「ひとつの作品の強度、比例、出来栄え、完成度が極まると、言葉では表現できない現象が空間に生じます。

場が輝きはじめる。現実に光を放つのです。そこで創出されているのは「えもいわれぬ空間」と私が呼ぶものであり、寸法ではなく完璧に依拠するもの、つまり言葉にできない領域のものなのです」


素晴らしい建築物や絵画、彫刻、そして音楽や舞踊、全てにいえることだなと感じました。

作品が放つ「えもいわれぬ空間」は、

それを受け取る人ひとりひとりの感性やその時の気持ちによってさらに光を増して、それぞれの人の心を強く揺さぶるんだろうなと思いました。

芸術は、すごい力があるなと改めて感動しました。

子供のときに気に入った絵と、今見て心に響く絵が違うのもまた、自分自身の変化、成長を感じて楽しかったです。


9/11まで開催しているので、ぜひみなさんも「えもいわれぬ空間」に浸りに行ってください。

記事検索

NEW

  • 【葛飾区 社交ダンス】国立西洋美術館

    query_builder 2022/08/05
  • 【葛飾区 社交ダンス】広々踊ってますか?

    query_builder 2022/08/03
  • 【葛飾区 社交ダンス】今日から8月

    query_builder 2022/08/01
  • 【葛飾区 社交ダンス】素敵なパートナーになろう

    query_builder 2022/07/29
  • 【葛飾区 社交ダンス】心震える音楽

    query_builder 2022/07/26

CATEGORY

ARCHIVE